CONCEPT

都会での生活を軸にしながらハードに働いて、自由になる時間は全力でサーフィンを楽しむ、都市と海辺のデュアルライフという発想からウィークエンドハウスアレイは生まれました。
ウィークエンドハウスアレイの「ウィークエンド」とは、普段のライフスタイルの中で個々が持っている週末(オフ)を感じる時間帯のこと。その時間を大切にしながら都市の生活も、プライベートも、思い切り楽しみたい。
ウィークエンドハウスアレイは、「毎日が週末のようなリラックス空間」を提案します。

DESIGN

例えば、海から上がってそのまま裸足でいるのが気持ちいい場所があってもいい。海辺で過ごすときの「あったらいいな」を建築(ハード)に落とし込みました。
ウィークエンドハウスアレイは分棟形式で、7つの小さな棟に分かれています。建物と建物の間には切り通しのような小径が縦横無尽に走るよう構成されていて、建物すべての場所から海が見えたり、山が見えたり、様々な風景を楽しめるようになっています。この建物に訪れた人が、七里ヶ浜の豊かな自然や、風景の素晴らしさを再認識したり、新しい魅力を発見してもらいたいという思いから、小径=ALLEYと名付けました。

PROGRAM

ウィークエンドハウスアレイのテナントは、とても個性豊かです。海辺で過ごすサーファーやその家族などのライフスタイルを考え、例えば朝早く海から上がって、美味しい朝食を食べたり、夕方次のサーフタイムまでに、新しいボードを眺めたり、サーフィンをしているパートナーを待つ間にヘッドスパでリラックスしたり、ペットを散歩させた帰りにドッグサロンでシャンプーさせたり、海で遊んだ後に洋服を着替えて、アフターサーフを楽しんだり、海で過ごす1日のストーリーを想定したテナント構成になっています。